苦手・嫌いなお掃除ワーストランキング|不用品回収メモ・大阪編|クリーンクルー関西

苦手・嫌いなお掃除ワーストランキング

家族が健康に過ごせるよう、家の中はできるだけ清潔に掃除をしておきたいですよね。
しかし、家の中にはできれば掃除をしたくない…時間がかかって大変…と思う箇所も多いです。
そこで今回は、後回しにしたくなる苦手なお掃除場所のワーストランキングをご紹介いたします。

3位:トイレ

理由

トイレは常に清潔にせねばならない、というプレッシャーを感じる人が多い場所。
また、きれいに掃除してもすぐに汚れやすく、便器についた黄ばみはブラシだけでは簡単に落ちません。
そのため、時間をかけて掃除をしても報われないことから、苦手意識を持つってしまうのです。
そこで、時間をかけずにできる掃除を簡単にするコツをご紹介しますので、ぜひ役立ててみてはいかがでしょうか。

掃除を簡単にするコツ

・黒ずみには重曹!
トイレ重曹
重曹のアルカリ性のパワーで、トイレの黒ずみを落として消臭効果があります。
やり方はタンクにカップ1杯の重曹を入れるだけ。
トイレで水を流すたびに、重曹が便器をカバーして黒ずみ汚れがつきにくくなります。

・クエン酸で黄ばみをとる
酸性のクエン酸は、トイレの黄ばみである尿石を分解し、きれいに落とせるアイテム。
水100㏄に対し、クエン酸を大さじ1杯入れたものをトイレットペーパーに染み込ませましょう。
それを、黄ばみが気になる部分にくっつけ、1時間ほど放置したらそのまま流すだけ。
最後にブラシで磨けば、トイレがピカピカになりますよ。

2位:排水口

理由

排水口のぬめりはできるだけ触りたくないですし、さらに悪臭もしやすいので掃除をするのがイヤになりがち。
掃除は嫌いじゃなくても、排水口だけはどうしても触りたくない人も少なくないのです。
しかし、排水口はこまめに掃除しないと悪臭が家中に漂ってしまい、シンクに食材を置くと細菌が付着して不衛生な状態になってしまいます。

掃除を簡単にするコツ

排水口がぬめらないようにするには、その日のうちに汚れを毎日きれいにすること。
お皿を洗い終わったら、仕上げに別のスポンジで排水口のカゴを中性洗剤で洗いましょう。
また、臭い予防にはアルミホイルを丸めたものを、カゴに入れておくと銀イオンの力で消臭になりますよ。
パイプのぬめりも悪臭の原因になるので、週に1回はパイプクリーナーを流して掃除してください。

1位:換気扇

理由

油やほこりがこびりついた換気扇は、きれいに掃除するには時間も体力も必要です。
年末の大掃除のとき以外は、全く手をつけない人も多いので余計に苦手意識を持っているようですね。

掃除を簡単にするコツ

換気扇をできるだけ汚さないようにするコツとして、おすすめなのが、調理を始める5分前から回しておくこと。
換気扇5分前
換気扇は煙や臭いが気になってから回すイメージがありますが、一般家庭のものは自然排気口から外の新鮮な空気が入ってくる仕組みになっているものがほとんど。
そのため、調理の前に外からの空気が入る流れを作っておけば、換気扇から効率よく煙が排出されるので、汚れの範囲が狭まります。

嫌いな家事

まとめ

このように、頑固な汚れやイヤな臭いがしやすい部分が、掃除しづらいと思っている人が多いです。
しかし、これらの場所は頑固汚れになる前に、手早く掃除をするのがお手入れを楽にするコツ。
トイレや排水口は一日5~10分でもいいので、汚れが気になったら掃除をする習慣を身に付けましょう。

ご相談はクリーンクルーへ!

クリーンクルーでは、関西全域での不用品回収サービス大阪での不用品回収サービスを行っています。
今すぐ捨てたい不要品がある方、処分にお困りの方はぜひご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加