お部屋の臭いの原因と対策|不用品回収メモ・大阪編|クリーンクルー関西

お部屋の臭いの原因と対策

仕事から帰って部屋に入った時に、何だかイヤな臭いがする…という経験はありませんか?
普段自分では気づいていなくても、お部屋にはさまざまな生活臭が染みついて、いつの間にか悪臭の原因になるのです。
今回は、お部屋別が臭う原因と、手軽にできる原因別の対処法をご紹介いたします。

部屋のイヤな臭いは生活臭が混ざり合ったもの

普段生活するリビングや玄関、寝室が臭うのは、人間の汗、ペット、そしてタバコの臭いが主な原因
これらの臭いは長い間、人間が触れるソファやベッドに染みつき、そこに雑菌が繁殖することでイヤな臭いを引き起こしてしまうのです。
また、お風呂場やシンクなどの水回りも臭いが気になりやすい場所。
これは排水口に溜まったヘドロや、集まってきたカビが繁殖したことが臭いの原因です。
目に見えない場所こそ、驚くほど汚れが溜まっているので定期的なお手入れが重要なのです。

今すぐできる!イヤな臭いへの対処法

基本はこまめな換気

におい1

まず、滞っている臭いを外に追い出すために、毎日部屋の窓を2箇所以上開けてください。
仕事が忙しく夜しか家にいないと、つい窓を開けずに過ごしてしまいますが、空気が長期間滞ると臭いもひどくなってしまいます。
そのため、まず朝目が覚めたら、カーテンと一緒に窓を開けましょう
窓と窓が一直線になるように、片方を空気の入り口、もう片方を出口にすると部屋全体の空気が入れ替わりやすくなります。

臭い2

お酢の力で臭いを除去

お酢は酸性なので、アルカリ性のタバコの臭いを消すのに効果があります。
他にもお酢の酢酸は殺菌効果に優れており、臭いの原因菌を殺菌してくれるのです。
やり方は、お皿に入れたお酢をテーブルの上などに置いておくだけ。
おしゃれなコップや容器に入れれば、インテリアとしてもバッチリ使えますよ。

下駄箱には炭で消臭

脱臭効果が高くて有名な炭は、靴箱の強力な悪臭をしっかりと除去してくれます。
炭は非常に細かい穴が空いており、その表面が臭いを吸着するのです。
ホームセンターで購入できる備長炭でOKですので、バスケットなど通気性が良い容器に入れて靴箱の中に入れておきましょう。
また、それを玄関にも置けば玄関自体の消臭にもなりますよ。
備長炭は一か月経ったら天日干しをすることで、半年~1年ほど消臭効果が持続します。

水回りの臭いはアルミホイルで殺菌

お風呂やシンクの排水口は、雑菌が繁殖しやすくイヤな臭いが起こりやすい場所。
そんな悪臭におすすめなのが、アルミホイルです。
アルミホイルのアルミと排水口の雑菌が化学反応を起こし、菌を殺菌して臭いを防ぐ効果があります。
やり方は、アルミホイルを直径2~3㎝ほどのボール状に丸め、それを3~5個ほど排水口の中に入れるだけ。
消臭だけでなく排水口のぬめりも起こりにくくなり、お掃除がグッと楽になりますよ。

まとめ

毎日生活をしている部屋は、どうしても臭いが発生しやすいです。
そこで、臭いをできるだけ防ぐには毎日の換気など、ちょっとした心がけが大切。
今回紹介した手軽なアイテムを使って、部屋のイヤな臭いを防ぎましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加