引越しの際に自分で荷造りしたい時のノウハウ|不用品回収メモ・大阪編|クリーンクルー関西

引越しの際に自分で荷造りしたい時のノウハウ

引越しの際に外部に依頼するのではなく、自分の手で荷造りしたい場合はあるでしょう。
このように自分で荷造りをする場合は、手順を間違えると余計に手間が増える事態は有り
得ます。

仮に、まだ引越し前に必要な物を荷物の中に仕舞ってしまったら、新居に持って行く前に
荷解きをして探す事態になるのも考えられます。そこで、引越しの際に自分で荷造りした
い時のノウハウを手順に沿って説明します。

引っ越ししようと思った日から1ヶ月前にやっておきたいこと

引越しまで1カ月以上の余裕があるなら、この頃から説明する作業から着手して行きましょ
う。早い段階で引越しの準備を始めた方が後で楽になります。

不用品を捨てて少しでも荷物の量を減らす

ご自宅の部屋の隅や収納スペースの中などに不用品がないか確認してみて下さい。引っ越
し前に、迅速に法的には問題のない形で捨てるべきものは捨てましょう。引っ越し前日に
不用品を見つけて、捨てる宛ても無く渋々持って行く事になる展開は避けたいでしょう。

買い置き、ストックを使って減らす

自宅にある買い置きやスットクをしている消耗品があれば、優先的に使用して行きましょ
う。消耗品を使用して無くせば、その分だけ荷物が軽くなる事が考えられるからです。た
だ、無理に買い置きやストックを使用して苦しむような事態は避けた方がいいでしょう。

持っていくもの、持っていかないものを厳選する

引っ越しでは何を持って行くか選ぶのも大事です。もし、持って行くかどうかで悩んだら、
新居で使用する機会があるか、新居でも所有していたいかなどを検討しましょう。

仮に特に愛着のない上にボロボロの品があったら、新居で落ち着いてから新品を購入する
のも良いかも知れません。

家具家電を新調する場合はどれを買うか検討する

特に新居で使用する為に購入するなら、家具や家電のサイズには気を付けて下さい。例え
ば、大きなサイズの家電や家具を購入したけれど、新居の玄関やドアを通過する事が出来
なかった事態はあるのです。

勿論、価格・評判・性能・保障なども、新調する家具や家電を選ぶ時は大事なのでよく検
討して下さい。

1ヶ月前に荷造りを初めて良いもの

これから引越しまで1ヶ月間もあるし、何を荷造りするか迷う…。そんな場合に、1か月前
に荷造りしてもOKなものを説明します。

あまり使わないもの、思い出の品

大事な人からのプレゼントや、恋人と二人で映っている写真が入っている写真立て等の思
い出の品は仕舞ってしまうといいです。

また、偶にしか使わないで埃を被っているゲーム機や、1回だけ使用して放置している調
理器具などの使用頻度の低いものに関しても荷造りしてしまうといいです。

季節外れの衣服、靴

自宅に現在の季節では絶対に着用しない衣服や靴があれば、どんどん手に取って荷造りす
るといいです。例えば、夏にコートやマフラーは着用するのは考えにくいです。

もし、判断に迷う衣服や靴が出て来た場合は、1か月先の引っ越しまでに使用するかを考
えてみるといいです。もし、引っ越しまでにその衣服や靴は使用しないと、はっきりと判
断したのなら荷造りするといいです。

コレクションアイテム

自宅にフィギュアやバッグなどを大量にコレクションしている方はいると思います。そう
した沢山のコレクションアイテムを荷造りするとなると一苦労になる可能性はあります。

よって、まだ引越しまで時間のある1か月前の時点で、沢山のコレクションアイテムの荷
造りは始めておきましょう。

冷蔵庫の中のものを計画的に使っておく

そもそも冷蔵庫に何が入っているか分からない場合は、中にある物のチェックをしましょ
う。その上で引っ越しまでに出来る範囲で、冷蔵庫の中のものを計画的に処分して行きま
しょう。

もし、冷蔵庫の中に大量の食品があって身内では食べ切る事が出来ないなら、友達を招い
て冷蔵庫の中のものを食べるのに協力してもらうのも良いかも知れません。

2週間前から荷造りするもの

引っ越しの2週間前位でドタバタと荷造りを開始する方もいるかも知れません。この2週間
前から荷造りをしたいものを説明します。

使用頻度がそこまで高くないもの

季節には合っているけれど少し好みから外れていて程々にしか使用していない衣服やアク
セサリー、何となく使うのは後回しにしてしまう鞄など。こうした使用頻度がそこまで高
くないものは、引っ越しの2週間前に荷造りするといいでしょう。

7日前(一週間前)から荷造りするもの

引っ越しが一週間後に迫って来たら、最低限以外の食器類と衣類を荷造りしましょう。後
一週間の生活の中で最低限の食器類と衣類は、使用する事になるので仕舞わないように注
意しましょう。

最低限のものだけを残した食器類

これから引越しまで過ごす中で、何が最低限必要な食器か分からない場合はあるかも知れ
ません。この場合は、日頃自宅で使用している食器から、最低限のものを絞り込むのも有
りだと思います。仮に、どうしてもお皿が足りない事態になったら、紙皿を購入して使用
する手もあります。

最低限のものだけを残した衣類

これから1週間の間に着る衣類を選んだ後で、混ざらないように分けておきましょう。そ
して、選んだもの以外の衣類は荷造りしましょう。また、他人に所有している事を知られ
るのは抵抗のある衣類があるなら、分からないように工夫しておくといいです。

1日前に荷物に入れるもの

引っ越し前日までには、荷造りは終了をさせたい所です。この引越し1日前に荷物に入れ
るものを説明します。

パソコン

毎日パソコンを使用している方だと、荷物に入れるタイミングは引っ越し前日位にしてお
くといいでしょう。ご自宅のパソコンを仕事で使っていて、早々にダンボールに入れてし
まうのは難しい場合はあると思います。

最低限の食器

前日の夕食を食べ終わったら、残しておいた最低限の食器をダンボールに仕舞いましょう。
引っ越し当日に関しては、食器が不必要な物を選んで食事をするか、外食をするかなどを
選ぶといいでしょう。

衣類

前日に夜にお風呂に入った後で引っ越し当日に着用する服に着替えて、後は残っている衣
類を荷造りしてしまう対処法があります。

ただ、夜はパジャマでないと眠れないと言った方は、前日の夜に着用するパジャマと下着
と翌日に着用する衣類を残して、他の衣類を仕舞ってしまうのもいいでしょう。引っ越し
当日に早めに起きて着替えて、パジャマを荷造りしてしまえばいいのです。

カーテン

引っ越し前日になったら、自宅のカーテンも取り外して荷造りしてしまうといいです。た
だし、窓の位置などによっては、外から中が見えてしまう可能性はあるので気を付けて下
さい。

もし、カーテンを取り外した時に外から見えないか非常に心配な場合は、仕舞うのは最後
の最後にするのも良いかも知れません。

照明器具

スタンドライトなどの照明器具も荷造りされるといいです。ただ、新居に運ぶまでに照明
器具が壊れないように気を配るのも大事です。例えば、ダンボールに判別が付くように照
明器具と書いて丁寧に運ぶとか、ダンボールに照明器具を入れる時には緩衝材を使うなど
の配慮が挙げられます。

バス用品、化粧品

前日に引っ越しするメンバーが全員お風呂に入った後に、バス用品は荷造りしてしまうと
いいです。

また、化粧品も引っ越し当日に最低限使用したいものを選んで、他は仕舞ってしまうとい
いです。ただ、割れものに中身が入っている化粧品は、仕舞い方と運び方に注意して下さ
い。

最後までダンボールに入れずに、手持ちで移動するべきもの

引っ越しでは新居に持って行きたいものを全て荷造りすればいいわけではありません。新
居に持って行くものによっては、ダンボールに入れないで手持ちで移動させた方が良い場
合はあります。

貴重品、貴金属、お金

引っ越しで貴重品・貴金属・お金が紛失したなんて事態は避けたいでしょう。よって、ダ
ンボールに入れないで、手持ちでしっかりと管理しましょう。

ただ、引っ越しの時に貴重品・貴金属・お金を四六時中見張っているのは難しいし、引越
し業者の従業員などの他人も出入りするから不安な場合はあると思います。この場合は、
最低限のお金を手元に残して、引っ越しの時は他のお金・貴金属・貴重品は銀行の貸金庫
に預けるのを検討するといいです。

荷造り、荷解き道具(はさみ、テープ、マジック、筆記用具など)

引っ越し当日に荷造り、荷解き道具は使用する事態は有り得ます。

よって、荷造り、荷解きの道具はダンボールに入れないで、すぐに使えるようにまとめて
持ち手のある袋などに入れておきましょう。1つの袋にまとめて入れておけば、荷解き・
荷造りの道具は何処にあるかは分かりやすいのでおすすめです。

家の鍵、新居の鍵

引っ越し前の家の鍵と新居の鍵はダンボールではなく、もっと取り出しやすい所に仕舞っ
ておきましょう。

また、当たり前ですが家の鍵・新居の鍵は無くさないようにしっかり管理するのも大事で
す。例えば、引っ越し当日に鍵が無くて新居に入れない事態にはなりたくないでしょう。

ペットがいる場合はリードとキャリー

引っ越し当日にペットを連れて移動する場合はあるでしょう。この場合は引っ越し当日に
ペットを連れて行くのに必要な道具は、ダンボールに入れないで出しておきましょう。

また、ご自身でペットを新居まで連れて行くのは不安が大きい場合は、ペットを運ぶサー
ビスを行っている会社に依頼するのもいいでしょう。

携帯の充電器

言われなくても携帯は、ダンボールに入れないで持ち運ぼうとしている場合はあるでしょ
う。ただ、幾ら携帯を持ち歩いていても、充電切れが起きたら困るので対策として携帯の
充電器も手持ちで移動させましょう。

当日履く靴

まさか、引っ越し当日に素足で移動するわけには行かないでしょう。そこで、当日に履く
予定の靴はダンボールに入れずに残しておきましょう。引っ越し当日にご自身も荷物を運
ぶのなら、手持ちの靴の中から動きやすいものを選ぶ事をおすすめします。

まとめ

新居に持参する物が多ければ多い程、一気に荷造りするのは大変になります。よって、引
っ越しで出来るなら一気に荷造りしないで済むように、たっぷりと時間のある内からコツ
コツと荷造りを進める事をおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加