【ちょっと自炊する人向け】最低限必要なキッチン用品|不用品回収メモ・大阪編|クリーンクルー関西

【ちょっと自炊する人向け】最低限必要なキッチン用品

4月になり新年度が始まる時期というのは、一人暮らしにデビューするという方が多い時期でもあります。

新しい生活を迎えるにあたって、一つ考えておく必要があるのが「自分は自炊をするのか?」ということです。

自分がどれぐらい自炊をするのかに合わせてキッチン用品を揃えていかないと、いつまで経っても使わない不要なキッチン用品まで買ってしまいかねませんよね。

今回の記事では、初めての一人暮らしはちょっとだけ自炊してみようかな?と考えている人向けに最低限必要なキッチン用品を解説したいと思います。特におすすめの製品があるジャンルに関しては、具体的な商品名も合わせて紹介しちゃいますね。

調理器具類

包丁


まず、食材を切るのに必要な包丁は必須といえます。
必要最低限の、というのであれば「三徳包丁」がおすすめです。肉も魚も野菜もこれ一本で切れますので、基本的にはこの一本で充分です。
自炊に慣れてくるとトントンとリズム良く食材を切れて楽しい気分になってきます。

まな板


包丁と合わせて買っておきたいのがまな板です。最低限というと100均で売っている小さなプラスチックのまな板で済ませたくなりますが、大きめの野菜を切る時にまな板の上からどんどんこぼれてしまい実は大変使いづらいです。
ホームセンター等で少し大きめのまな板を買っておくと、切った食材もこぼれませんし土台も安定するので使いやすいですよ。

フライパン


切った食材を調理するためのフライパンも必須です。フライパンにも鉄のフライパン、アルミのフライパンなど様々な種類がありますが、一つだけ持っておくのであればテフロン加工のフライパンがおすすめです。
油を敷かなくても食材がフライパンにくっつかないので料理は初めてという方でも失敗が少なくなります。洗うのも楽なので一石二鳥ですね。


フライパンだけでも炒める、焼く、揚げると基本的な調理法はカバーできるのですが、ちょっとした煮物などを作るために小さめの鍋も一つ持っておくと便利です。鍋にもやはり様々な種類がありますが、なかでも雪平鍋は万能選手なのでおすすめです。
雪平鍋には基本的にフタがないのですが、ホームセンターで探せば対応する大きさのフタを買うことができるので、弱火でじっくり煮る際にはフタをしておくと煮汁が全部飛んでしまう失敗もなく安心です。頻繁にカレーやシチューを大量に作りたい方は大きめの鍋を選んでも良いですよ。

菜箸、フライ返し、お玉


この三点はセットで紹介します。いずれも調理をする際に必要なものなので、買っておく必要があります。
普通のお箸で調理しようとしても長さが足りずに火傷をしてしまったり、上手く食材を引っくり返せずに見た目が悪くなってしまったりします。

ピーラー


野菜や果物の皮を剥くのに使うピーラーも自炊をする上では必須といえます。包丁でも皮むきは出来なくはないのですが、難易度は高いです。
無理をせずに、まな板の上に食材を寝かせてピーラーで皮を剥くことをおすすめします。

ザルとボウル


切った野菜に残っている細かい土を取ったり、茹でた麺を上げたりするのにザルとボウルはセットで揃えておきたいですね。
ボウルに溜めた水に食材をさらしてアクを取る、ポテトサラダでマヨネーズを和えるなど、意外と活躍する場面も多いキッチン用品です。

食器類

食器一式


出来上がった料理を食べるのには食器が必要です。
茶碗や汁椀、大小の平皿にスープ皿などがセットになったものを一式揃えておくと安心です。
グラタンやラザニアなどの料理に挑戦したい方は耐熱皿も買っておくと良いですよ。

箸、フォーク、スプーン、ナイフ


自炊した料理を食べるために揃えておきたい4点セットです。使いやすいものを選んでください。

マグカップ、グラス


飲み物を飲むのに必要な食器も用意しておきましょう。
マグカップはスープ以外にもコーヒーや紅茶など暖かい飲み物全般に使えますし、グラスは大きめの物を買っておけばソフトドリンクからアルコール類まで飲めて経済的です。マグカップやグラスは常に使える状態にしておくために、複数個買っておくことをおすすめします。

あると便利なもの

電気ケトル


お湯をすぐに沸かしたい時に便利なのが電気ケトルです。使いたい分のお湯だけ沸かせるので、ポットと比べて経済的なのと衛生的な点が支持されています。
電気ケトルのメーカーでは「ティファール」のものが人気ですので、そちらを探してみてはいかがでしょうか。

米びつ


お米も自分で炊いたほうが経済的なので、少しでも自炊する方でしたら炊飯器を購入されているかと思います。
お米は密封状態で保存したほうが虫なども発生せず長持ちするので、保存するための容器を買っておきたいところです。
米びつと計量カップがセットになっているグッズであれば自分が食べたい量のお米を手軽に計れるのでおすすめです。

サランラップ


作りすぎた料理を保存するのに必要なのがサランラップです。
100均で購入しても良いのですが、容器によっては上手くくっついてくれないことがあるので、スーパー等で100均のものより少し高めの製品を買っておくとラップを掛けるのにもたつくこともなくなります。

アルミホイル


調理で意外と役に立つアルミホイルの用途は様々です。
オーブンで食材の下に敷いたり煮物を作るときに落しブタの代わりにしたり、一石二鳥にも三鳥になるアルミホイルもぜひ買っておくとよいでしょう。

台ふき


食卓を綺麗にするのに台ふきはあると便利です。
普通のタオルでも代用できなくはないのですが、食べ物の汁などが付着してしまうことがあるので、フェイスタオルやバスタオルと兼ねるのに抵抗があるという方は台ふきを買っておきましょう。

保存容器


一人暮らしで自炊をするとついつい作り過ぎてしまいます。
また、それを見越して何食分かまとめて作って冷凍しておけば時間がないときに手作りの料理をサッと食べられて便利です。
そのための保存容器でおすすめなのが「ジップロック」です。袋状の保存容器なので小さく折り畳めて冷蔵庫や冷凍庫のなかでもスペースを取りません。
コンテナ状の保存容器ですとどうしても一定のスペースが必要ですが、一人暮らし用の小さめの冷蔵庫を使っていると邪魔に感じてしまうことがあります。袋を二重にすればジップロックで汁物も保存できますよ。

トング


麺を茹でるときにあると便利なのがトングです。パスタのソースを手作りしてみたいという方は、茹で上げたパスタを鍋からトングを使って直接フライパンへ移すと適度な水分が残るので美味しく仕上がりますよ。
また、トングは調理の際に食材を裏返すのにも使えるなど実は優秀なキッチン用品なのです。

まとめ:一人暮らしに必要なキッチン用品はこれだ!


今回は、初めての一人暮らしなどでちょっと自炊に挑戦してみようかなと思っている人向けに最低限必要なキッチン用品を解説しました。

今回紹介したキッチン用品には一石二鳥で使える物も多く、是非とも持っておきたいものばかりです。

仕事が忙しくなって自炊をする時間がなくなっても使えるものも多いですし、もっと本格的に自炊をしたいという場合にも必需品ばかりなので不要になることがありません。

今回の記事をチェックリストのような形で活用していただき、初めての自炊に挑戦してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加