24時間ゴミ出し可能なマンションのメリットとデメリット|不用品回収メモ・大阪編|クリーンクルー関西

24時間ゴミ出し可能なマンションのメリットとデメリット

マンション選びのポイントの一つにゴミの出し方があります。

24時間ゴミ出し可能なマンションと曜日別にゴミを出すマンションにはそれぞれメリットとデメリットがあるため、一概にはどちらが良いとは言えません。

そこで今回は、二つのゴミ出し方式を比較した上で、それぞれの出し方はどんな人に向いているのかを解説したいと思います。

24時間ゴミ出し可能なマンションのメリットとデメリット

これからマンションの購入、賃貸を予定していらっしゃる方が条件として挙げることが多いといわれる24時間ゴミ出し可能なマンションですが、実際に住んでみるとそのメリットがよく分かります。

 

いつでもゴミが出せるというのは、思ったよりも便利なんですよ。

しかし、デメリットがあるのも現実で、事前に知っておかないといざ住みだした時に嫌な思いをする可能性があります。ここでは、24時間ゴミ出しのメリットとデメリットを解説します。

24時間ゴミ出しのメリット


いつでもゴミが出せるというのは、言い換えれば家の中にゴミを置いておかなくても良いということです。

ちょっとしたゴミならスーパーのビニール袋に入れておいて、気になったら一般的なゴミ袋や自治体指定のゴミ袋に移し替えてゴミの集積場に持っていけば良いのです。こうするだけで夏場の気になる生ゴミの匂いや、ゴミ袋の中に虫が湧くのを防ぐことができます。

更に、部屋にゴミ箱を設置しなくて良いのでそれだけ生活スペースを広く使うことができます。部屋の中のゴミ箱に生ゴミなどを入れておくとだんだんとゴミの匂いが付いて来るので定期的に買い換える必要があります。

24時間ゴミが出せるマンションに済むとゴミ箱を購入するコストが節約できるのもありがたいですね。

マンションによっては管理人やゴミ収集の業者がゴミの分別をやってくれることがあるので、自分では出来る範囲内で分別をすれば大丈夫となるとゴミ出しに感じるストレスが更に少なくなります。

24時間ゴミ出しのデメリット

ここまで、24時間ゴミ出しのメリットを解説しましたが、実はメリットだけではありません。24時間ゴミ出しにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

騒音

24時間ゴミ出しのマンションでは深夜でもゴミを出せるので、ゴミの集積場とマンションが一体化している物件の場合は住んでいる場所によってはゴミ出しの音が騒音に感じてしまうことがあります。

衛生環境が悪くなりがち

また、24時間ゴミ出しのマンションは集積場にゴミが置いてある時間が長いため、どうしても集積場の周辺は不衛生になってしまいます。

マンションの管理会社も定期的に清掃をしているはずですが、夏場などにはやはり匂いが気になってしまいます。ゴミを出すために集積場の扉を開けたら中からゴキブリなどの害虫が出てくることもあり、虫が苦手な方はゴミ出しをするのにプレッシャーを感じてしまう可能性があります。

また、マンションに住む住民のマナーが悪いと集積場に分別されていないゴミが散らばっているなどして嫌な思いをしてしまうかも知れません。

曜日別ゴミ出しのメリットとデメリット

次に、曜日別ゴミ出しのメリットとデメリットを紹介します。

曜日別ゴミ出しというのは特定の種類のゴミを出せる曜日が決められているゴミ出しの方式で、ゴミを出す時間帯まで決められている物件もあります。

こう見ると不便なようにも感じますが、デメリットばかりではありません。では、ゴミを出せる曜日や時間帯が決められていることによるメリットというのはどういったものでしょうか?

曜日別ゴミ出しのメリット

「ビン・カン・ペットボトル」は月曜日、「生ゴミ」は火曜日と木曜日、というようにゴミを出せる曜日や時間帯が決められている曜日別ゴミ出しは一般的にあまり人気のないゴミ出し方式です。

しかし、この方式のマンションに住んでいる住民は生活のリズムやゴミ出しのマナーが身に付いていることもあり、ゴミ集積場の周囲はいつも清潔に保たれている傾向があります。ゴミというのは長い時間置いてあるとどうしても匂いが発生してしまいますが、ゴミ出しの時間帯が朝方か、少なくとも前日の夜に出すのであれば匂いが出る前にゴミが回収されます。

曜日別ゴミ出しのマンションに住むと最初は不便に感じてしまいますが、慣れるとそれほど苦痛に感じることもありません。

ゴミを出す際に近所の住民と挨拶するなどして地域の方と何となく知り合いになっておくと、マンションの住民がどんな人なのかを知れて安心ですね。

曜日別ゴミ出しのデメリット

一方、曜日別ゴミ出しはデメリットが大きいのも現実です。

こちらのゴミ出し方式のマンションに住んでいて最悪のケースというのが、ズバリ「夏場に生ゴミを出し忘れる」ということです。夏場は生ゴミがゴミ袋の中で腐敗するのも早く、ゴミを1回出し忘れただけで気がついたらイヤな匂いがしたり、ゴミ袋の中に虫が湧いたりすることがあります。

マンションの場合は玄関の前にゴミ袋を置いておくと近隣の住民からクレームが来ることもありますし、かと言ってそんなゴミ袋を部屋の中に置いておきたくないですよね。

このように、時期によっては常にゴミ出しのタイミングを意識しなければならないのが曜日別ゴミ出しの最大のデメリットではないでしょうか。

他にも部屋の中にゴミ箱を設置することでスペースが取られることや、ゴミの分別を自分でしなければならないので面倒というデメリットがあります。

それぞれのゴミ出し方式はどんな人に向いている?

以上、24時間ゴミ出しと曜日別ゴミ出しのメリットとデメリットを解説いたしました。皆さんはどちらのゴミ出し方式のマンションに住みたいとお思いになったでしょうか?

それでは最後に、それぞれのゴミ出し方式はどんな人に向いているのかを紹介したいと思います。

24時間ゴミ出し方式が向いている人

まず、24時間ゴミ出し方式はやはり便利ですので、どちらでも良いという方はとりあえず24時間ゴミ出しのマンションに住んでおけば間違いはありません。

こちらの方式は多様なライフスタイルに対応することができるので、例えばお仕事が夜勤中心でどうしても帰宅する時間帯がどうしても遅くなるという方でも問題なくゴミを出すことができます。

また、キレイ好きな方で部屋の中はいつでも清潔な状態に保っておきたい!という方はぜひ24時間ゴミ出し可能なマンションに住むことをおすすめします。

ちょっとしたゴミでも気になったらすぐに集積場に持っていけるので、ゴミのことでストレスを感じることが少なくなりますよ。

曜日別ゴミ出しが向いている人

次に、曜日別ゴミ出しが向いている方ですが、生活のリズムが安定していてマンションの住民のマナーが気になるという方はこちらの方式を選ぶと良いでしょう。

というのも、既に触れましたが曜日別ゴミ出しのマンションに住む方は生活のリズムやゴミ出しのマナーがキッチリしている方が多いと考えられるので、自分が住む住居にマナーの良い人が多いことを重視される方はこちらのゴミ出し方式を選ぶと良いでしょう。

最初は少し面倒に感じるかも知れませんが、ゴミ出しの曜日さえ覚えてしまえば生活の一部として自然にゴミが出せるようになりますよ。

いかがでしたでしょうか?今回は、24時間ゴミ出しと曜日別ゴミ出しの比較を行いました。それぞれの方式にはメリットとデメリットがあり、万人向けのゴミ出し方式というのはありません。自分の住むマンションに求める条件によって24時間ゴミ出しが合う方もいれば、曜日別ゴミ出しが合う方もいます。今回の記事をマンション選びの参考にしていただければ幸いです。

大阪の皆様へ!

クリーンクルーでは、大阪での不用品回収サービスを行っています。
今すぐ捨てたい不要品がある方、処分にお困りの方はぜひご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加