大阪市の粗大ごみ収集システムはこれを直せばもっとよくなる!|不用品回収メモ・大阪編|クリーンクルー関西

大阪市の粗大ごみ収集システムはこれを直せばもっとよくなる!

粗大ごみの対象となるごみの種類や、サイズはその自治体によって違いがあります。
大阪市の粗大ごみ収集システムにおいても、思うようにごみを捨てられない、規定が厳しいとの意見も耳にします。
そこで今回は大阪市の粗大ごみ収集システムについて、改善してほしい点やどのように改善すべきなのか意見をまとめました。

大阪市で粗大ごみ扱いになるのはどんなもの?

大阪市での粗大ごみとして収集しているものの条件は次に当てはまるものです。

ごみの条件in大阪

  • 最大の辺、もしくは径が30㎝を超えるもの
  • 棒状の場合は1mを超えるもの
  • 引っ越しや大掃除などで一度に大量に出たごみをまとめて処分する場合

回収対象外の品

反対に、

資源化できる古紙

家電リサイクル法対象のエアコンやテレビ

薬品類

ミニバイク

金庫など処分に困難なもの

は、大きさが30㎝を超えていても、粗大ごみとして処分ができません。

大阪市の粗大ごみ収集システムの問題点について

そんな大阪市の粗大ごみ収集についてですが、現在次の2点が不便であるとの意見が存在します。

粗大ごみ収集受付センターへの電話がつながりにくい

大阪市では粗大ごみの処分を申し込む際に、粗大ごみ収集受付センターに電話をする必要があります。

受付時間は月曜から土曜の午前9~午後5時となっていますが、特に月曜日や土曜日、受付開始直後の時間帯は申込数が多いです。

たとえば引越しを予定している人であれば、予定日まで回収してもらえないと不要な荷物の処分にとても困ってしまいますよね。

今の連絡システムではせっかく電話をしてもつながらないこともあり、自分が空いている時間帯に電話をしても申し込みができないケースが考えられるのです。

最大30㎝以上は粗大ごみというサイズ制限

基本的に大阪市で粗大ごみとみなしている基準は「30㎝を超えるもの」との扱いになっています。

しかし、30㎝を実際に測ってみると思ったよりもコンパクトなサイズであることがわかります。

たとえば木でできた棚の場合、普通ごみ用のごみ袋に十分収まる程度に板を分解することもできますよね。

大阪市では基本的に30㎝を超えれば粗大ごみの対象となるため、ごみ袋に詰めても合計サイズがオーバーしていれば回収されない可能性があるのです。

粗大ごみ収集システムはこれを直せば今よりもっと良くなる!

上記で紹介した問題点の解決策として、次のような内容に変更してみるのはいかがでしょうか。

粗大ごみ収集受付をWEB対応にする

粗大ごみの申し込みを現在の電話だけでなく、WEB受付対応にすることで、今のように電話がつながらないというトラブルがなくなります。

WEBなら時間に関係なくいつでも申し込みができるので、電話ができない場所でもスマホやパソコンを利用できれば、今よりもスムーズに粗大ごみ収集を依頼できるようになるのではないでしょうか。

30㎝以上のごみも普通ごみとして回収できる環境

大阪市では30㎝以上の辺や径のごみは、基本的に粗大ごみに該当します。

しかし、30㎝という小さな規格では簡単に分解できるような棚やトレーでも粗大ごみ扱いになる可能性があります。

粗大ごみ扱いになれば、数百円のごみ処理手数料券をわざわざ購入しなければなりません。

たとえば、同じ大阪府でも豊中市では「市指定のごみ袋に入らない大きなもの」を粗大ごみの対象としています。

そのため、大阪市でも次のように

このエントリーをはてなブックマークに追加